Google+

文房具大好きオヤジの「前世は、きっと文房具」

文具ブロガー。とにかく文房具が大好き!鹿児島に住んでます。 ボクが使ってみた、気になった文房具について「ドン引き」されるほど熱〜く語っている、このブログ。あなたを文房具沼へ、ご招待します。

文房具大好きオヤジの「前世は、きっと文房具」 イメージ画像

その他

1928年の事業以來、鹿児島市民の「足」として、親しまれている路面電車。 鹿児島の人は「市電」と呼んでます。 このたび、その市電が「文房具」となって登場しました。 かごしま市電「ステープラー」 なるほど、そうきたか! 鹿児島市交通局さん、流石です。
『かごしま LOVE! 路面電車が、文房具になった。』の画像

求めていたのは、コスパの良さと、このサイズ。 コスパの良い万年筆といえば、プラチナ万年筆さんの「プレピー」や、パイロットさんの「カクノ」などが、浮かびますね。 ただ、移動中の電車やバスの中で使うとなると、サイズが。 で、思い出したのが、これでした。 kawec
『ガンガン使える万年筆 kaweco「スカイライン スポーツ」』の画像

これで、綺麗な写真が撮れる! ブログに載せる「文房具」の写真。プロのレベルまでいかないまでも、綺麗に撮りたい… そんな悩みを、解消してくれたのが、この商品 BLEND「STUDIO BOOK」 BLEND は、ステーショナリーディレクター 土橋 正さんが、企画・監修を行った、
『「SNS映え」する写真が撮れる! BLEND「STUDIO BOOK」』の画像

「かさばらない」バッグインバッグとして、大人気のキングジム 「FLATTY (フラッティ) 」 ボクは、バッグパックに入れて使っているのですが、一つだけ不満が。 ラインナップに「タテ型」が無いことでした。 中の物を取り出すのに「FLATTY」ごと取り出すのが、面倒でした。
『あの「FLATTY」に、待望のタテ型が出た!!』の画像

G.W.いかがお過ごしでしょうか。 とは、いっても今年 (2020年) は「Stay Home」ですから、家に籠もって普段やらない片付けなど、行っている方も 多いはず。 今回、紹介するのは、片付け作業が捗る、こちらの商品 クツワ 「文具エプロンバッグ ポケット」 変わった形の
『作業が捗る クツワ 「文具エプロンバッグ ポケット」』の画像

新型コロナの影響で、自宅で仕事を行っている方も多いかと。メンバーとの連絡は、ZOOMなどの「オンライン会議」でしょうか。今回、紹介するのはオフィス以外での作業に最適な商品です。 LIHIT LAB ALTNA「スクリーン クリーナー」 ロールタイプのスクリーン クリーナーで
『サンダーバード2号的 ALTNA「スクリーン クリーナー」』の画像

「目立たなくする」ためにマーカーを引く この逆転の使い方が、TVで紹介され、ちょっとしたブームになっている「グレーマーカー」 ブームを予測してなのか? 各メーカーさんから新商品が発売されています。そんなグレーマーカー、集めてみました。
『どれにする? 人気の「グレーマーカー」集めてみました。』の画像

前回、投稿しました第101回 板山商事さま「春の大見本市」にお邪魔してきました。 の会場で、クツワ さんの担当者さんに紹介して頂いた商品。 クツワ 鉛筆けずり「BABY-K」 本当に小さい。持つと何故だか、ほっとする文房具です。
『小さな 小さな 文房具 クツワ 「BABY-K」』の画像

僕の場合、心を惹かれる文房具がありすぎて正直、困っているのですが、 (いやいや、だからこそ、このブログ書いてるわけだし) 今回、その中から「折り畳める文房具」を紹介していきます。
『好きなんだよね、畳んで持ち運べる文房具』の画像

最近、文具店の一角に、やたらカラフルなコーナーがあることを、ご存知ですか。 「KOKUYO ME」という、コクヨ さんの新しいシリーズ。 「コクヨ 公式サイトより」 文房具を「ツール」としてではなく、「アクセサリー」としての価値を提供していくという新たな試み。
『文房具をリノベーション するという試み。コクヨ 「KOKUYO ME」』の画像

書店や文具店の売り場に、手帳がテンコ盛りにされる季節になりましたね。 (まぁ、文具マニアは、7月ぐらいから来年の手帳について騒ぎ始めますが…) 当ブログでも「手帳術2020」と題して、手帳関連の記事多めで行きますよ!(多分…) 第1回目は、手帳に貼る「後付けポ
『手帳術2020「収納上手な後付けポケットを貼る」』の画像

以前、このブログで、鹿児島初開催の「KNOX」×「PLOTTER」フェアについて書かせてもらいました。 商品について、いろいろ調べたり、生みの親である 齋藤 祟之さん に、直接、お話しを伺っているうちに、その魅力に惹かれ「プエブロ」のバインダーを購入しました。 い
『「考える道具」として、フル活用してみる「PLOTTER」』の画像

システム手帳の代表的ブランド「KNOX (ノックス) 」 それを手がけてきた 齋藤 祟之さんが、新しい価値を創造するクリエイターためのツールとして、登場させたのが 「PLOTTER (プロッター) 」 「KNOX」「PLOTTER」初の合同イベントが、ここ鹿児島で初開催されます。 場所は
『鹿児島 初開催「KNOX × PLOTTERフェア」は、超 Adalty』の画像

↑このページのトップヘ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...