仕事終わりに「東急ハンズ 鹿児島店」の文具コーナーに立ち寄ってみたら、ボールペンの
コーナーから「セルロースナノファイバー」と「新開発ゲルボールペン」の文字が目に飛び
込んできた!ではありませんか。

近づいてよーく見てみると…

なんと三菱鉛筆さんの新商品、その名も

三菱鉛筆「ユニボール シグノ307」

2016-05-26-01-34-21

何がスゴいのって…




世界で初めて「実用化」に成功した「セルロースナノファイバー」をゲルインクに使用した
ボールペンだということ、しかもその技術が「Made in JAPAN」であることなのです。 

「セルロースナノファイバー」とは、紙の原材料である「パルプ」を細かくほぐしたもの。
その細かさは、なんと「ナノ レベル (10の マイナス9乗倍!!) 」

その特徴は、

「粒子」が細かいので、
 
「かすれにくい」

「インクだまりができにくい」


そして、

「水に強い」

ということ。

まぁ、いくらインクが良くても、商品自体に魅力がなくてはならないわけで、お次は
「デザイン」の面から見ていきましょう。

ペン軸に輝くエンブレムとカーボン調のプリントが、ちょいと「高級感」を出してます。

2016-05-26-01-35-25

クリップ部分にも「ゴールドの文字」が

2016-05-26-01-35-44

ボクね、ゼブラさんの「デルガードタイプLx」にも採用されているグリップ部分が、一回り
大きくなっているデザインに魅かれるのです。

2016-05-26-01-36-25

嬉しいことに、この「シグノ 307」にも採用されています。

2016-05-26-01-34-21

グリップ部分にはラバー素材を採用

2016-05-26-01-34-24

先端の部分は、まるでビーム兵器のようです。かっこいい!


おっと、肝心の書き味ですが、重心は低め、やや重たい感じがしました。

今回、ボクがゲットした「シグノ」はペン先は「0.5mm」

2016-05-26-01-37-59

書いてみました。

2016-05-26-01-44-02


ストレスを感じることなく書けますよ。

みなさんも是非、この感覚を味わってみてください。






ちなみに、いま世間を騒がしている「三菱自動車」さんと「三菱鉛筆」さんは、何の
関係もありません。別の企業です。



応援よろしくお願いします