見てください、このフォルム。

画像1

ぱっと見、「製図用シャープペンシル」に見えませんか?

実はこれ、「ペンションホルダー」なんです。

ボディはアルミ製。先っぽの回転して鉛筆を固定する部分は
真鍮製。

画像2

ホルダーの後ろには、「消しゴム」が装備されています。
ステッドラーの本気がうかがえます。

ただし、このペンシルホルダーにセットできる鉛筆の長さは
約10cmから。

新品の「mars」をセットして見るとこんな感じ。

画像4画像5

このペンシルホルダーの欠点は、「短い鉛筆」しか使えないこと。

私が使っている鉛筆の中で、新品の状態で使えるのは、「ミドリ」
さんの「ブラス ペンシル」だけ。

画像6画像7

六角形でも、丸形でもOK!

画像8

「重くて」値段も高めで、短い鉛筆しか使えないこの商品。

「失敗したなぁ〜」と思っていたのですが、使っているうち
にあることに気が付きました。

普通の鉛筆の場合、万年筆や「LAMY2000」あたりから握り
換えると「軽すぎて」違和感を感じますが、この商品は、
それがない。

考えているんですね、ステッドラーさん。

欲を言えば、新品の「Mars」を最初から使いたい...

ステッドラーさん、この商品専用の「Mars」作ってください。

確か、ステッドラーさんは「ドイツ」のメーカー

この商品には「Japan」の文字が...

うーん、これは国内専用なのだろうか?
じゃぁ、ムリ???

いや、この商品なら「世界」で売れる!!

頑張れ!ステッドラーさん。

(もしかして、もう世界で売ってたりして...)




応援よろしくお願いします