Google+

火中の栗を拾い続けるオヤジのブログ : 文具大好き

文具大好きな鹿児島在住オヤジのブログ。 「ナイスなミドル」のボクが使った感想や、文具の使い方、組み合わせについて書いてます。





この商品に出会ったのは、ボクが高校生の頃。仲の良かった友人が、オリーブ色のコレを持っていた。

聞けば、父親から譲り受けたものだという。

その当時の印象は「初代ウルトラマンか?」という、高校生のボクには、ちょっと古臭い感じがしたのを覚えている。

それから接点なく、今日まで…

ぺんてる シャープペンシル「KERRY (ケーリー) 」

7589966928 IMG 0499

キャップ式を採用した、万年筆のようなフォルム。



使用する時は、キャップを後に挿して使います。

7524872752 IMG 0503

ケリーは「万年CIL」(マンネンシル:万年筆のようなシャープペンシル?)という別名で呼ばれることも。

このフォルムを見たら、納得しますね。

ボクが高校生の頃、古臭いと感じたデザインについて。

特徴的なのは、ペン軸の中央にある格子柄の部分

7524874192 IMG 0501

グリップかと思っていたのですが、これ、キャップを受け止めるための部品なんですね。

そして、ペン先。

独特の曲線が魅力的です。

7524874576 IMG 0502

ケリーが初めて発売されたのは、1971年

7524879952 IMG 0500

このブログを書いているのが、2018年ですので、47年もの間、売れ続けているのですね。

ボク、いろんな文房具と触れ合ってきて、ようやくケリーの良さに気が付きました

まだまだ、勉強が足りませんね。反省。

最後に、使いやすさについて。

携帯性を考えて、設計されているのでしょう。本体の長さは、約 10.5cmしかありません。


7589966928 IMG 0499
(上の写真の状態で、約12.5cm です。)

パーカーさんのボールペン「ジョッター」と比べてみました。

7589955072 IMG 0506

小さいのですが、不思議と手に馴染むのですよね。両方とも。

(実際に使うときは、13.5cm ぐらいになります。)

そして、キャップ式シャープペンシルといえば、トンボ鉛筆さんの「ZOOM 505」

7589960640 IMG 0504

(写真はマルチタイプ)

これだけ大きさが違います。

7589955744 IMG 0505

この「ZOOM 505」も30年以上、売れ続けているのです。

素晴らしき文房具の世界。






文房具ランキング


応援よろしくお願いします

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...