驚くほど軽い、トンボ鉛筆さんの修正テープ「MONO AIR」に「ヨコ引き」タイプが登場しました。

トンボ鉛筆 修正テープ「MONO AIR」ヨコ引き 使い切りタイプ

7516815296 IMG 0398

ちなみに、ボクは「タテ引き」のヘビーユーザー。

「見せてもらおうか、ヨコ引きの実力とやらを!」です。





この「MONO AIR」は、

7516815296 IMG 0399

「AIR」という名前の通り、軽くなぞるだけで修正テープが出力される優れものなのです。

発売当初は「タテ引き」の使い切りタイプのみだったのですが、ユーザーからの要望が多かったのか、詰め替えタイプ
登場しました。

7516815296 IMG 0400

(今は、詰め替えタイプばかり使ってます。)

「MONO AIR」は、修正テープの幅によって 「4.2mm」「5mm」「6mm」の 3タイプが用意されています。

「4.2mm」って、中途半端に感じますが、実は一番使い勝手のよいサイズだと思います。

なぜ って?

パソコンで文書を作成する場合、Microsoft さんの「Word」を使う方が圧倒的に多いかと。

文字の大きさ(フォントサイズ)は、デフォルト(初期値のこと。金融機関で使う不履行ではありません。)で「10.5ポイント」に設定されています。

それに合わせて、

7516815296 IMG 0401

「4.2mm」にしてあるのですよ。(多分…)さすがトンボ鉛筆さん。

ちょっと説明が長くなってしまいましたが…

取り出してみました。

7516815296 IMG 0402

おー、平べったい。まさに「テルマエ・ロマエ」

(ヨコ引きタイプですからね、当たり前か。)

既存のものを含め、3タイプ並べてみました。

7516815296 IMG 0403

(上:「タテ引き」使い切り 真ん中:「タテ引き」詰め替え 下:「ヨコ引き」使い切り

横に広がった分、修正テープを格納するスペースが増えて、収納可能な長さは 15m

7516815296 IMG 0404

1.5倍になりました! がっつり使えます。

ヘッダのカバーも「タテ引き」と同じ。

7516815296 IMG 0406

裏側にしっかりホールドできるので、邪魔にならない。

7516815296 IMG 0407

使ってみました。

7516815296 IMG 0408

おーっ、軽い!!「エアータッチシステム」作動!(詳細は、公式サイトで)

ヘッダも「ブレ」を吸収してくれるので、真っ直ぐ引けなくても、しっかり貼れます。

7516815296 IMG 0409

いいですね、ヨコ引き。気に入っちゃいました。詰め替えタイプが出たら最強ですね。

みなさんも店頭で、お確かめください。







文房具ランキング


応援よろしくお願いします







ロフトネットストア