一度、使ったらクセになる滑らかな書き味が特徴の、低粘度油性ボールペン

三菱鉛筆「ジェットストリーム」

IMG 9936

コスパ最高のスタンダードなタイプから、マルチペン、

IMG 9937

そして、ペン軸が金属の「ちょっとお高い」タイプまで、幅広く展開している油性ボールペンです。

また、ペン先も「0.38mm」から「1.0mm」まで用意されている「低粘度ボールペン」の「顔」的存在。





今回、三菱鉛筆さんから発表された、高級ボールペン「スチュワート」(なんと、1本 20,000円)

そのデザインもさることながら、ボクは「リフィル (替え芯) 」に目を奪われたのです。
(写真は用意できませんでした。すいません…)

「パーカー」タイプのそのリフィルには「JETSTREAM」の文字がぁ!!

ボクが何故、こんなに興奮しているかというと、ボールペンの「リフィル」には、国際的な「規格」が大きく分けて 2つ存在するのです。

1つが「4C規格」

主にマルチペン(1本のペン軸に、複数のペンがセットされているタイプ)に使用される細〜い形状のもの。

IMG 9928

このタイプの「ジェットストリーム」は、数年前に販売が開始され、ボクは「LAMY 2000 L401」

IMG 9926

IMG 9927

にセットして使っています。

で、もう1つが「パーカー」タイプ(イギリスの文具メーカー パーカー社のリフィルと同一規格のもの)

ボク、「パーカー」タイプのリフィルは発売されないと諦めてましたから…

早速、購入しようと思い鹿児島市の文具店さんを回ってみましたが、み、見つからない!!

そんな時、ボクのfacebook に、投稿が…


次回に続きます。




応援よろしくお願いします


文房具ランキング