コスパが高い、プラチナ万年筆さんの万年筆「プレピー」が、2007年の発売以来、累計販売数
「1,000万本」を達成したことを記念して、リニューアルされました。

IMG 9325

ペンクリップ部分には、累計売上本数1000万本を、知らせるシールが貼られています。

IMG 9326





具体的にどう変わったかというと、「3つ」の変化が確認できました。

一番わかりやすいのは、ペン軸の色。

リニューアル前のモデルはペン軸が「透明」で、そこにロゴがプリントされているものでした。
(正直、ちょっとダサい…)

リニューアル後は、インクの色に合わせた「色付きの透明????」に。

IMG 9327

IMG 9328

いやーっ、おしゃれになりましたね。とっても「ポップ」な感じ。

2つ目は「価格」の見直しがなされ、100円増に(それでも安い!300円〜400円)

3つ目は若干ですが、書きやすくなった感じがします。ペン先に何らかの「調整」がなされたことは
確か。

IMG 9332

さて、今回、購入したのは「色のラインナップ」が一番多い、ペン先が「0.3mm」の商品

IMG 9331

この色の他に「ブラック」「ブルーブラック」「レッド」「ピンク」「バイオレット」を合わせた
7色。

もう、おじさん調子に乗っちゃって、普段使わないような「イエロー」とか買っちゃった。

「全部、夏のせい」

また、個人的に「プレピー」のスゴいところは、しっかりキャップをしていると、カートリッジを
付けたまま、1年経っても「インクが乾かない」「スリップシール機能」が装備されて
いるところ

IMG 9334

たとえ低価格の商品であっても、手を抜かないプラチナ万年筆さんの商品に対する「姿勢」が
見えて、好感が持てます。

最後に、ペン先太さについてですが、プレピーの 0.2mm が「極細 EF」0.3mm が「細字 F」
0.5mm が「中字 M」に該当するようです。

参考までに、LAMY Safari と比較を行ってみました。参考にしてみてください。

IMG 9335

上の2本は「プレピー 0.3」3番目は「Safari F」一番下は「アルスター EF」です。



お店によっては、リニューアル前の商品と並べて販売されているところもあります。ペン軸の
色で判断してくださいね。

ちなみに、「プレピー」は、低価格の商品ですが、コンバーターは普通に使えますよ。
(300円のボディに、700円のコンバーターをセットすることになりますが…)




応援よろしくお願いします

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote