ボク、「ナイスなミドル」なので、鉛筆やシャープペンシルでガッツリ文字を書くことがありません。

清書はパソコンを使うので…(最近は「音声入力」の出番が増えたなぁ)

鉛筆の類は、「気持ちよく」書けることが選ぶ基準になっています。

そんなボクが、6月に行われた「What」さんの文具イベント「ステショー3」で、改めて「気持ちいい」と感じたのが、これ

コクヨ「鉛筆シャープ」 Type S 1.3mm 芯

IMG 9220

「鉛筆シャープ」シリーズの中で、一番太い「1.3mm 芯」でないと…

IMG 9221

ダメ なんです。(しかも、シャー芯は「B」ですよ!「B」)

今回、この鉛筆シャープ Type Sに、新しいシリーズが登場しました。それが、コチラ

コクヨ「鉛筆シャープ」 Type S スピードイン モデル

IMG 9218

何が違うかというと、





クリップが無くなって、スッキリとしたデザインになりました。

IMG 9228

最大の変更は、くるくると回すと… 出てくる、出てくる デカイ「消しゴム」

IMG 9222

新しいモデル「スピードイン」は、この消しゴムを「捨てました」

代わりに、こんな穴が空いてます。

IMG 9225

そう!、その通り!!感の鋭いあなた!大正解です。

なんの穴かと言いますと、通常、芯の交換には「ヘッダ部」を外して補充を行うのですが、

IMG 9224

この穴を使えば、芯の補充が「楽に」そして「素早く」行えます。


IMG 9226

よく見ると、この穴、魚の仕掛けに使う「ビク」と同じように先が狭くなっているので逆さにしても
芯は出ない構造になっています。

さすが「スムーズ イン」じゃなかった「スピードイン

「だからどうした」という意見もありますが、いい調子の時にヘッダ外して…
じゃ、作業効率も落ちちゃいますよ!

肝心の書き心地は、良いです。スラスラ書けますよ。

IMG 9229

気持ちよく仕事をこなしたいあなたへ。おススメです。






応援よろしくお願いします