プラチナ万年筆より、ユニークなシャープペンシルが発売されました。

それが、コチラ

プラチナ万年筆「PRO-USE 171」

2017-05-21-19-48-09

プラチナ万年筆さんのサイトによれば、分類上は「製図用」ペンシルなのですが…





このシャープペン、芯の太さごとに「0.3mm」「0.5mm」「0.7mm」「0.9mm」の 4種類が
ラインナップされています。

面白いのは芯の太さによって、ペン軸の色が決まっていること。

0.3mm はシルバー、0.5mm はブルー、0.7mm はブラック、0.9mm はホワイト

今回ボクが購入したペン軸の色は「ホワイト」 芯の太さ 0.9mm です。

2017-05-21-19-48-19

理由は、プレゼンやセミナー資料を作成するときの「下書き」に使いたいからです。

ペン先は、製図用シャープペンシルお決まりの「ロングパイプ」

2017-05-21-19-48-28

グリップはボクの好きな「ローレット (ギザギザ) 」仕上げ

この手のシャープペンシルで、ボクがお気に入りなのは、トンボ鉛筆さんの「モノグラフゼロ」

2017-05-21-19-51-23

このシャープペンシル、とっても書きやすいのですよ。もっと評価されてもいいと思ってます。

「PRO-USE 171」も、勝るとも劣らない書きごごち。低重心でズッシリきます。

2017-05-21-19-54-16

さて、タイトルに書いた「オプティマス プライム」って?

これ、日本名では「コンボイ司令官」そう!タカラさんの大ヒットおもちゃ「トランスフォーマー」
に出てくるキャラクターのこと。

文字通り「トランスフォーマー」は「変形」するキャラクターです。

はいはい、この「PRO-USE 171」も変形しますよ。


トランスフォーム!!

ペン先のロングパイプが、覆われた!

2017-05-21-19-49-42

ペン軸を回転させたら「クッション機能」が働いて、芯が折れないシャープペンシルに!!

2017-05-21-19-48-39

ねっ、PRO-USE 171 すごいでしょ!

これね「シュノークシステム」といって、自分の好みに筆感覚を変えられるのですよ。

さすが、39年前からクッション機能搭載していた「プレスマン」を作った会社。

2017-05-21-19-51-39

新旧、並べてみました。

2017-05-21-19-54-00

繰り返しますが… 書き味も良いです!

2017-05-21-21-32-18

ヘビーウェイトのシャープペンシル好きな方、おすすめです。



あのー、ボクの購入した「PRO-USE 171」だけでしょうか?

上下の矢印の方向にペン軸回すと、クッション機能が「OFF」になって、逆に回すと「ON」に
なるのですが… ミスプリント?

それはそれで、レアで嬉しいのですが www

2017-05-21-19-48-39


応援よろしくお願いします