2016年末から、「出るぞ!」「出るぞ!」と噂されていた、オレンズの高級軸「オレンズ ネロ」

2017-03-07-01-19-58

「東京マルイ」のエアガンのようなパッケージに「オトコ」を感じるオレンズ ネロ

「見せてもらおうか、ぺんてるさんの「黒い」シャープペンシルの性能とやらを!」





売り場では、右に「グラフ」シリーズ、左に「オレンズ」を従えて中央に鎮座しておりました。

2017-03-06-19-50-58

ぺんてるさん、チカラ 入ってます!!

さて、今回発売された「ネロ」は、ペン先が 0.2mm, 0.3mm の 2種類

2017-03-06-19-50-50

ナイスなミドルは、迷わず 0.3mm を購入しました。
(シャープペンシルは下書き用なので、芯が太い方が良いのです。)

開封しました。

「豊和工業製 64式7.62mm小銃」を彷彿させるデザイン、完全にメカですね。

2017-03-07-01-22-03

シャープペンシルには珍しく、このような「取説」が付いています。

2017-03-07-01-23-16


使い方についても、しっかりと。

2017-03-07-01-23-23

ボクは、Whatさん(鹿児島の雑貨屋さん)で購入したのですが、宮路店長さんから、
小さいパンフレットを頂きました。

2017-03-07-01-22-50

「オーナー」って… ちょっと、チカラ 入れ過ぎじゃないですか。

さて、この「オレンズ ネロ」何がスゴイのかというと、

パイプで芯を守って書くオレンズの機能に、

2017-03-07-01-24-13

「自動芯出し機構」が付いているところ。理論的には、1回のノックで芯が無くなるなで書ける
のです。

「自動芯出し機構」といえば、昔、PILOT さんの「オートマック」など発売されていたのですが、
いつの間にか消えてしまったのです。

最近では、ユニークな筆記具を世に出す文具メーカー「オート」さんから発売された「ホライ
ゾン」があります。

2017-03-07-01-24-34


実際、使ってみた感想は…

スイマセン、興奮して記事が長くなり過ぎました。続きは次回。




応援よろしくお願いします