この時期になると文具好きでなくても、来年の手帳を何しようかとか、何年も
同じ手帳を使い続けている人でも、”もっといい使い方はないか”など、気になる
もの。

ボクが参考にしているのは『日経ビジネスアソシエ』と学研さんのムック本。

今回、紹介するのは学研さんのムック本 2015年向け

『究極の手帳術』

2014-10-26-15-55-44



手帳術といえば定番の美崎栄一郎さんをはじめとして、和田裕美さん、佐々木かをりさん
など「手帳術の達人」の使い方や、2015年向け新作手帳、文具などの情報がぎっしり詰まっ
ている本です。

内容的には、今までに出版されたムック本の「再編」という感じです。

また、デジタル(クラウドサービス)と手帳(アナログ)の連携は今や常識。
例として「Googleカレンダー」とそれに対応しているカレンダーアプリが紹介されています。

ちゃんとツボ押さえてあります。

このムック本、「仕事の教科書シリーズ」というのですが、この号を含め”3号連続”で付録が
用意されていて今回は、コクヨさんの「1.3mm 鉛筆シャープ」

2014-10-26-15-56-11

なかなかの書き味。

2014-10-26-15-58-17


ボク、これと同じ「trystrams」版を購入、使用してます。

2014-10-26-15-58-29

なんと、「trystrams」版は、「Orobianco」のロゴが入ったダブルネーム使用!

2014-10-26-15-58-34


いくら「trystrams」がコクヨさんのグループでも、もう少しデザイン変えるとかの
工夫が欲しかったな。フォントの種類変えて「Orobianco」のロゴ着けての「やっ
つけ感」が見え見えすぎ。

おっと、付録はどうでもいいか。

とにかく来年の手帳がいまだに決まっていない人、ぜひ参考にしてみてください。




応援よろしくお願いします