前回、紹介したバカリズムさんの『都道府県の持ち方』

そのバカリズムさんの最新刊、購入しました。




バカリズム『バカリズムのエロリズム論』

2014-09-08-23-33-15

帯にも書いてありますが、「オールナイトニッポンGOLD」のコーナーを文庫化したもの。

バカリズムさんのセンスのの良さは勿論、ハガキ職人さん達の「力作」に、帰りの電車の
中でニヤニヤ。

絶対、変な人と思われちゃいましたよ、バカリズムさん!


では、ハガキ職人さん達の「力作」幾つか紹介します。

あまりエグいのは「Google先生」に怒られるので、実際に本書にてお楽しみ下さい。



名言その1

「すぐに脱がされる下着に金をかけるのは、桜が一瞬で散る美しさを知る日本人の
美意識によるものである。」

解説その1

あらためて、日本人に生まれてよかったと思いますね。



名言その2

「今まで、何度となく見ているはずなのに、「前◎」という漢字がいつまでたっても
書けない。」

解説その2

確かに書けない! (以下、省略)



名言その3

「心地よかったはずのローションの冷たさに驚いたら、それは秋の便り。」

解説その3

情緒があっていいですね (以下、省略)



名言その4

「「痩せたらかわいいのに」というのは誉めているのではなく、戒めの言葉である。」

解説その4

その通り。決して、この言葉を鵜呑みにしてはならない。まず、痩せていないことに
目を向けなければならない。



名言その5

「早◎の男の一日は長い。」

解説その5

その分、他のことに時間をあてられます。



名言その6

「きわどい質問に、「ご想像にお任せします」と答え、うまくかわしたつもりの女が
いるが、おれたちの想像力を甘く見ないほうがいい。」

解説その6

僕たちの企画力・構成力をナメてはいけません。あと脳内画素数も。

どうですか、どこを開いても面白い!男性なら誰でも「うん、うん」とうなずく内容!

これからの季節、夜のお供にどうぞ。



ちなみに、本の表紙、挿絵は「五月女ケイ子」さんです。

めちゃくちゃオススメです。




応援よろしくお願いします