「肥後守」に続いて今回も、「What」さんで見つけた文具ネタ

スーパー消しゴム オーストリッチ「マルチリスイレーサー」

画像1

消しゴムといっても形は鉛筆、白い部分が削れてきたら鉛筆と同じように
削って使います。

実際に、どこまで消えるか実験してみました。

まずは印刷物

数字を消してみました。

画像2


軽〜く円を描くように動かしてみました。

消しゴムのようにスラスラとはいかず、若干引っ掛かるような感覚が
あります。

画像3

続いてインクジェットプリンターで印刷した書類

画像1


薄い紙なのでゆっくりと動かしながら消していきます。


画像4


やりすぎるとこのように穴が開いてしまいました。
紙質には注意です。

画像5

お次はボールペン

画像6

やってみました。

画像7

なかなかですね。もう少し丁寧に擦るともっと綺麗に消せるかも

ここで素材を「LIFEノート」変えてみました。

もう一度ボールペン

画像8

やってみました。

画像9

ボールペンはOKです。

最後はインクが染み込む「万年筆」

画像10


やってみました

画像2


こちらも、もう少し丁寧に使ったら、もっと綺麗に消せたかも...

まとめると、

ボールペンは問題なし。

万年筆は微妙(紙質による)

印刷物には使えない

もう少し練習を積むと、上手に使えるようになるかもしれませんね。




応援よろしくお願いします